土地や物件を売却するには買ってくれる相手を見つけなければなりません。しかし、自分の力だけでは買い手がみつかることは稀でしょう。そこで、プロである不動産会社に買い手を見つける仲介役を頼むことになります。この時、不動産会社と結ぶ仲介の契約を媒介契約と呼び、後述の3タイプがあります。

1. 専属専任媒介契約
2. 専任媒介契約
3. 一般媒介契約

イメージを持つ

不動産会社に仲介を依頼する時、上記のいずれかの契約を結ぶことになります。3つの契約について順を追って説明します。この3つの契約の違いを知っておきましょう。

1. 専属専任媒介契約

特定の不動産業者1社だけに仲介を依頼する契約形態です。複数の業者に重ねて依頼をする事や、自ら購入希望者を探したり、売買契約を結ぶことはできません。他の業者や自ら見つけた購入希望者と売買契約を結ぶ場合には、依頼した業者に対して仲介手数料相当の違約金を支払うことになります。依頼を受けた不動産業者は、媒介契約後5営業日以内に指定流通機構に物件を登録して、1週間に1度以上、売却活動の進捗状況を依頼者に文書で報告することが義務づけられます。

2. 専任媒介契約

仲介を依頼できるのは1社のみですが、自分で購入希望者を探すこともできる契約形態です。この場合、売り主は自ら見つけた相手(知人・親族あるいはその紹介を受けた人など)とならば、依頼した業者を介さずに売買契約を結ぶことができます。依頼した業者に対して、他の業者と売買契約を結ぶ場合には違約金を、自ら発見した相手と売買契約を結ぶ場合には媒介契約の履行に要した費用を支払うことになります。依頼を受けた不動産業者は、媒介契約後7営業日以内に指定流通機構に物件を登録して、2週間に1度以上、売却活動の進捗状況を依頼者に文書で報告することが義務づけられます。

3. 一般媒介契約

複数の不動産業者に仲介を依頼できる形態です。自ら見つけた相手と売買契約を結ぶこともできますし、複数の業者に依頼できることで、買い手の幅は広がります。しかし、販売状況の報告義務がないため、不動産業者がどのような販売活動をしてくれているかわかりにくくなってしまいます。また、不動産業者としては自社で売却できるとは限らないため、販売活動が消極的になりがちです。

各媒介契約のメリットとデメリット

専属専任媒介契約・専任媒介契約

メリット 窓口が1社だけなので情報の整理がしやすい。不動産会社側もとりっぱぐれがないため、広告費を多く使った積極的な販売活動ができる。
デメリット 窓口が1社だけなので、依頼した不動産会社への依存度が高くなる。

一般媒介契約

メリット 複数の不動産会社に依頼できるため、購入者側の入口が広がる。
デメリット 不動産会社に報告義務がなくなるため、情報の報告が薄くなる。一般媒介を受けている他の不動産会社で成約になる可能性があるため、あまり販売活動に広告費をかけられない。