不動産会社選びは慎重に

不動産会社選びは慎重に

不動産会社選びは慎重に

不動産売却の仲介業者は依頼主が自由に選ぶことができます。ただし、下記のような事項はできるだけ回避したいと考えてるはずです。

・販売価格が相場より安くて損をする
・売り出し始めてもなかなか売れない
・売却を任せた仲介業者とのトラブル

これらを未然に防ぐために依頼する不動産会社選びは慎重におこないましょう。では、一体どこを見て判断すればいいのでしょうか?

STEP.01

不動産会社の規模より特徴

全国的に有名な大手企業には安心感があると思います。しかし、不動産というのは地域に根差しているため、周辺地域の状況に合わせた販売活動が必要です。一概に会社の規模を見るのではなく、その会社のどんな特徴をどう活かして販売してくれるのかを見定めましょう。

STEP.02

不動産会社の得意を調べる

誤解されがちですが、同じ不動産会社でも取り扱い業務に特徴があります。分譲マンションの販売が得意であったり、賃貸管理であったり、土地や空き家などの売買が得意な会社と様々です。あまり力を入れていなくても査定は行ってくれる場合もありますが、取引事例を活用するという利点を活かし、その不動産会社がどこに力を入れているかを調べ、目的や物件の種類と合致した不動産会社を見つけましょう。

STEP.03

査定額の根拠に納得できる

売却活動を依頼する前に査定をおこないます。この時、少しでも高い査定額を出してくれるのは頼もしいものです。しかし、高いからといってその金額で必ず売れるという確約はありません。本来の市場の相場より高額な査定額を出し、その金額で売り出した場合、以下のような流れが発生する危険性が高くなります。

1. 相場より高い金額で売り出す
2. 相場より高いため売れ残る
3. 期間が経ち値下げの提案をされる
4. 徐々に値下げして相場相当になる
5. 値下がり癖のついた物件と思われる
6. 相場より低い金額になって購入希望者が現れる
7. 時間も掛かり金額的にも損をした取引となる

こうした流れを避けるために、査定額の根拠や販売プランなどを細かく説明してくれる業者を選びましょう。この時、その物件を買う側の立場で話しを聞くことがコツです。周辺の相場と比較して魅力的だな、妥当な買い物になりそうだなと納得できるかが重要です。

STEP.04

物件から近い不動産会社

売却活動を依頼する前に査定をおこないます。この時、少しでも高い査定額を出してくれるのは頼もしいものです。しかし、高いからといってその金額で必ず売れるという確約はありません。本来の市場の相場より高額な査定額を出し、その金額で売り出した場合、以下のような流れが発生する危険性が高くなります。

こんな会社には注意しよう

不動産会社は自営から大手まで含めるとたくさん存在していますが、その中でも、注意したほうがいい不動産会社の特徴を挙げていきます。

買取専門や現金買取を強調

急いで現金が欲しい時だけにしておきましょう。不動産会社に土地を買い取ってもらう場合、市場価格と比較して6割~8割くらいの価格となります。当然ですが、不動産会社も買い取った不動産会社も販売して利益を得るため通常の価格より安くなります。当サイトでも買い取りを行っていますが、急いで現金が欲しいという方だけにおすすめしています。

無免許のブローカーの可能性

土地を買うために不動産免許は必要ありません。そのため不動産免許を持っていない、いわゆるブローカーも存在しています。

売却完了前に費用請求される

当社はあくまでも完全成功報酬で不動産取引を行っています。 販売するためにたくさんの広告を出しますが、売れなければ損をしてしまいます。損をしたくないので広告を工夫したりします。 最初から経費を請求してくる業者は、気をつけたほうがいいかもしれません。

査定依頼で
失敗しやすい要因

査定依頼で失敗しやすい要因

一般的に不動産売却というのは一生で1、2回経験する程度なので分からないことだらけです。同様に不動産査定も利用頻度としては非常に少ないでしょう。慣れないことには失敗はつきものです。ここでは不動産査定における失敗しやすいこと、誤解しやすいことについて説明いたしますので、これから不動産査定を依頼されるにあたり、上手く活用してみてください。

査定依頼先によるトラブル

査定依頼で失敗しやすい要因、それはダントツで査定の依頼先によるトラブルです。不動産売買という専門分野において、査定を依頼されるであろう不動産会社はいわば専門家です。専門家が「白」といったら「白」と認識してしまうことでしょう。不動産会社が悪質な業者であった場合、損をしてしまったり不要な費用を請求されてしまったりと嫌な思いをされることになります。

机上査定で売り値を決める

机上査定や簡易査定という査定方法は、現地を見ずに査定をするので依頼側も不動産会社側も非常に楽な査定方法です。しかし、現地の確認などがなければ精度の低い査定報告になりますので、これを元に売値を決めるのは危険です。では、どういった時に利用するかというと、売却そのものを検討する時にとりあえず金額規模を知る程度が妥当です。例えば、お盆や正月に親族で集まった席で「あそこの土地は今これくらいで取引されているらしいよ。」などの話しのネタにはなるでしょう。売却の意思を固めましたら、しっかりと訪問査定や詳細査定という査定方法で依頼し、物件の価値基準を決めるようにしましょう。

査定目的が合致していない

当サイトは不動産会社が運営しており、当サイトを通じて依頼された査定というのは、売却を見据えた査定となります。ここまで読んでいただいた方の中で、もし離婚調停による財産額の鑑定資料が必要な方、相続した際のおおよその金額感を知っておきたい方がいらっしゃいましたら、残念ながら当サイトではなく最寄りの不動産鑑定士をお探しになることをおすすめします。

売却を見据えた不動産の査定は無料なので広く活用されますが、裁判などでの立証資料としては説得力がありません。また、相続税のためなどであれば少しでも安く査定額を見積もってもらいたいでしょう。しかし、売却用の査定の場合、市場の動向に合わせての変動も含まれていたり、周辺状況などで少しでも魅力となる部分を集め比較的高めに算出するよう不動産会社が努力をしてしまいます。目的にあった査定をご依頼するように心がけましょう。

失敗したなと思ったら…

仲介業者を選ぶ自由だけではなく、依頼した仲介業者を依頼主が変更する自由もあります。すでに販売活動をされている方で売り悩んでいることなどございましたら、まずは当社にご相談ください。よりよい売却となるよう心から寄り添わせていただきます。