土地も戸建も購入時にはそのものの価格とは別に様々な諸費用が発生します。諸費用は主に税金や手数料となるためローン借入額に含まれないことが多く、現金払いが原則です。つまり、住宅を購入した時点で数百万円の現金が必要になるということ。これも諸費用を軽視できない理由のひとつです。ここでは、土地・戸建てそれぞれでどの程度の費用が必要なのかをご説明していきます。

一般的な土地購入費の諸費用

土地購入には土地そのものの価格とは別に様々な費用が発生します。一般的にその土地の値段の5%から10%と言われています。しかし実際には土地によって様々で購入価格の何パーセントという計算では試算できません。事前に不動産会社に相談することが大切です。 ※このページの価格はすべて参考値となっております。

<3000万円の土地を仲介会社介して購入、500万円自己資金で残りをローンにした場合>

費用額 備考
購入時にかかる経費
仲介手数料 103万6800円 消費税別途
司法書士報酬 8万円 消費税別途
抵当権設定費用 約6万円 登録免許税と司法書士費用
売買契約書印紙代 1万円 契約書に貼付
登録免許税 約27万円 評価額の1000分の2
不動産取得税 27万円 3年以内の建物は還付
固定資産税精算金 約1万3000円 半年分を精算したとして
贈与税 0円 購入した翌年の3/15迄に住宅建築で免税
上記小計 173万9800円
購入後ケースにより必要な経費
確定測量や分筆費用 約50~150万円 エリア、面積、筆数、隣地の数、境界点数による
農地転用や登記費用 約35万円 その土地が田畑の場合
古家取壊費用 約130万円 構造の種別などによる
インフラ整備費用 ケースによる 各市町村の取り扱いによる

仲介手数料

不動産会社を介して土地を購入する際には仲介手数料(売買価格に対して3%+6万円+消費税)が発生します。購入する土地が不動産会社所有の場合、この仲介手数料が不要になります。節約したい方にはお勧めです。

登記費用

所有権移転に関する登記費用には、司法書士に支払う報酬費と登記にかかる登録免許税があります。司法書士の手数料の一般的な額は6万~8万円と言われています。詳しくは(https://www.shiho-shoshi.or.jp/about/remuneration/)よりご確認ください。登録免許税はその土地の売買価格ではなく評価額に対して計算されます。登記申請時に収入印紙で納付します。

ローン手数料

ローンを利用して購入する場合、ローンの手数料や抵当権設定の登記費用も必要になります。また契約書に貼付する印紙代も忘れてはいけません。

不動産取得税

不動産取得税は、土地の取得に対してかかる税金です。税額は、取得した土地の固定資産税評価額(課税標準)× 2分の1 × 3% − 控除額(※)となります。

※2021年3月31日までは課税評価額が2分の1となる軽減措置があります。
※住宅用土地を取得した場合は(A)(B)いずれか多い額が控除できます

(A)税額が4万5000円未満の場合は4万5000円
(B)土地1㎡あたりの固定資産税評価額 × 2分の1 × 住宅の床面積の2倍(一戸あたり200㎡迄)× 3%

※控除額(B)は、2021年4月1日以降に取得した場合は以下になります。

土地1㎡あたりの固定資産税評価額 × 住宅の床面積の2倍(一戸あたり200㎡迄)× 3%

固定資産税清算金

固定資産税や都市計画税は、4月1日(もしくは1月1日)時点で不動産を所有している人が同年1年分の税金支払う決まりです。そのため、年の途中に不動産の引き渡しがあった場合は、売主が払う税金を買主が負担するのが一般的で、これを固定資産税(および都市計画税)の精算金といいます。一定の条件を満たす不動産であれば税額軽減措置が適用されます。

※精算金は売買価格に加算されるので、売主が法人の場合は消費税が発生します。

測量費用・登記費用

測量費用については基本的に売主が、負担することが一般的です。ですが買主が土地の購入を正確な実測値で取引を希望したり、土地の一部を分割して購入したい場合、その境界を明確にするため土地家屋調査士に依頼ます。その時、確定測量費と表示登記申請費用がかかります。これらの費用は土地の場所・広さ・形状など様々な条件により違ってきます。隣地の協力も必要で、協力が得られない場合は難航するためその金額も多くなります。購入前には特にこの土地家屋調査士に費用について相談するようにしましょう。

農地転用関係

農地法により、農地を宅地にするには行政書士に依頼し、許可又は届出を行う必要があります。費用はおおよそ10万円~20万円くらいです。宅地への転用許可が下りると、さらに土地家屋調査士に「土地の地目変更登記」も依頼しなくてはいけません。この依頼料は3万円から4万円が一般的な費用だとわれています。

古家取壊費用

古家の残っている土地を購入した際にはその解体につき工事がかかります。地中にある古い浄化槽の撤去や、高い建物で足場を組む必要がある場合、また、アスベストを使用している建物は、その対策費用分も割り増しになります。購入前に概算費用を確認しておきましょう。

インフラ整備費用

安く購入できる土地は上下水道や電気、ガスなど引き込み配管、配管の設備がない場合があります。その場合は購入後にこれらの設備を整えなければならず、場合によっては100万円を超える場合も珍しくありません。